SkySoundSERVICE

異音検知・官能検査など。
音に特化した分析モジュールSkySoundで
検査業務の省人化、自動化を
サポートします!

SkySoundは音に特化したAI分析ソリューションです。
熟練の技術者にしか聞き分けられない音の違いを捉え、官能検査を効率化することを目的として開発されました。

こんな場面で活用できます!

  • 工場の様子の写真
    官能検査・不良品検知
    プラントメーカー様
  • 工場の様子の写真2
    性能評価試験
    自動車メーカー様
  • 回転体を利用した異音検査の3Dモデルの写真
    回転体等の異音検査
    自動車メーカー様

メディア取材情報

SkySoundは多くのメディアにも注目されています。

SkySoundができること

職人の耳をAIに

SkySoundは、熟練の技術者にしか聞き分けられない音の違いを捉え、官能検査を効率化することを目的に開発されました。
さまざまな特徴抽出の手法を組み合わせることで、従来の手法では捉えることが難しかった音の特徴を検出できるように。より人の聴覚特性に近い判定ができるようになりました。

特徴

工場内の「音」をつかった検査をAIがサポート

音の判定を行うAIモデルの作成には、FFT(※)がよく利用されていますが、FFTによって得られる情報には、人の聴覚をAI化させるための特徴は含まれていません。そのため、FFTとAIを組み合わせた分析手法では人が判断している音の特徴成分を上手く捉えきれないという欠点があり、音の種類によっては判定の精度が低い場合もありました。
SkySoundは音データの前処理、対象音の特徴抽出、そして特徴を用いた分析処理を行い、対象音にあった最適なAIモデルを作成します。ノイズに強く、ベテラン技術者にしか聞き分けられない音も判別できます。

※FFT:Fast Fourier Transform(高速フーリエ変換)の略で、音のデータを周波数領域へ変換するものです。

  • 特徴1

    ノイズに強く、人の聴覚特性に近い判定を実現

  • 特徴2

    API経由のモジュール、または簡易アプリケーションとして提供するため、現場システムに組み込みが可能

  • 特徴3

    少ない異音データでAI作成可能

    AIの学習は正常データのみで実施しており、異音データは正常・異音に分ける特徴を選ぶときに使用しています。そのため、少ない異音データでAI作成が可能です。

SkySound イメージ図
  • データの前処理
    収集いただいた音データを分析可能な形にするため、前処理を行ってデータを整理します。
  • 特徴抽出
    複数の特徴抽出の手法を組み合わせ、対象となる音データから1万個以上の特徴量を抽出します。
    抽出した特徴量から、正常・異常を分けるのに影響度の高い特徴を絞り込みます。
  • AI分析
    独自のアルゴリズムにより、従来よりも人の聴覚特性に近い判断基準を持つAIモデルを作成できます。

活用事例

SkySoundはさまざまな分野で活躍します

SkySoundはAIモデルの作成だけでなく、判定処理を出力するAPIが用意されています。そのためモーターやエンジンなどの完成品の検品工程をはじめとする、音を使った官能検査への活用が可能です。

  • 研究開発への適用
    研究開発や試作段階では、教師データが十分に集まらずAIの作成が困難という課題がありました。SkySoundなら少数のデータからモデルを作成できるので、この分野に適用可能です。試作機における音質評価、設計後の異音検査など、音による研究開発をSkySoundがサポートします。
  • 検査工程への適用
    大量のデータが取得できる、検査工程のような領域はAIとの相性が良く、さまざまな製品の検品にAIが適用可能です。特に、音による完成品の全数検査を行っている場合は、AIで代替することで大きな効果が見込めます。

導入プロセス

まずは、弊社スタッフがお伺いし、SkySoundの運用について提案させていただきます。

  • STEP1

    音データの収集[ 2週間〜1ヶ月 ]

    お客さまにて音データを収集していただきます。収集方法に関しては、弊社のパートナー企業を紹介しますのでご安心ください。

    (1)目的/実施方法の確認

    (2)データ収集方法のコンサルティング

    (3)音データの収集 ※お客様にて実施していただきます

  • STEP2

    AIモデル作成・精度テスト[ 2ヶ月 ]

    収集いただいた音データを用いて、SkySoundによりAIモデル作成と精度評価を行います。

    (1)特徴量の抽出

    (2)AIモデル作成

    (3)精度評価

    ※AIの精度が不十分な場合、お客さまと共同でプロジェクトを立ち上げ、精度改善を行います。

  • STEP3

    運用への組み込み[ 1ヶ月〜 ]

    作成したAIは、APIで利用可能なモジュール形式、または簡易アプリケーションとして提供いたします。お客さまにて、現場のシステムに組みこんで利用いただけます。

    (1)モジュール作成

    (2)現場システムに組み込み ※お客様にて実施していただきます

    (3)精度評価

  • STEP4

    実運用

    現場でSkySoundを活用いただけます。

導入プロセス イメージ図導入プロセス イメージ図

導入効果

SkySoundで現場は劇的に変わります

SkySoundは、職人が音を聞いて判定を行っている官能検査を代替することができます。
録音デバイスで集音した音データを、音分析モジュールのSkySoundを組み込んだ業務システムで解析することで、人に依存しない検査工程を確立し、品質改善、業務の省人化、技術伝承などが期待できます。

導入効果 図
正常異常などの判定結果をAI予測する「SkyAI」もご覧ください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意