SERVICES

SkyAI

IoTセンサデバイス等で収集した時系列データから、正常異常などの判定結果をAPIで提供するサービスです。作成したAI学習モデルは、設備の保全や製品の検品、歩留まりチェックなどに活用され、光熱費や人件費などのコスト削減、生産効率のアップなど、各種の業務改善へ繋がります。

SKYDISCのSkyAI

SkyAIとは、弊社独自に開発したデータ整形モジュール、データ解析モジュール(SKYDISCライブラリ)をベースとし、さまざまなデータのAI学習モデルを提供するサービスです。弊社のノウハウが詰まったSKYDISCライブラリを用いることで、IoTセンサデータ、PLCデータや画像データなど、様々なデータのAI学習モデルを作成することができます。
作成したAIは、設備の保全や製品の検品、歩留まりチェックなどに活用され、光熱費や人件費などのコスト削減、生産効率のアップなど、各種の業務改善へ繋がります。診断結果はAPIで提供することも可能です。

SkyAIのデータインプットからアウトプットまでのフロー図

AI導入のメリット

人や機械の作業をSkyAIが支援し、生産性を向上

人や機械が担当している作業にSkyAIを適用することで、生産性向上、工数削減などを実現します。

人や機械の作業とAIによる作業支援の比較図

業務改善までの流れ

ヒアリングで課題を抽出し、ご提供いただいた生データを元に、データを整形・解析します。

業務改善までの流れ図

精度の高い判定結果をお返しできるAI

精度の高い判定結果をAI学習モデルから出すためには、データ整形と解析手法の選定が重要です。SKYDISCには、ハードウェアから通信、AIまでのIoTワンストップソリューションで培った技術やノウハウがあります。多様なシーンでの多様な課題に応じて、最適なツールとモジュールを組み合わせることで時間やコストを抑えつつ、精度の高い判定結果をお返しできるAI学習モデルを作ることができます。

IoTワンストップソリューション→データ整形→データ解析→高精度な判定結果

AI導入に最適な分野

データの項目数が多すぎる・工場、DNA/熟練者の技術に頼る判断・聴診棒、打検査/人によるバイアスを見直す・医療診断、定石

AI実運用までの開発プロセス

SkyAIの実運用まで、段階に分けて取り組むことが可能です。

  1. STEP0

    データ診断

    「AIで利用できるデータかどうか」を無料で診断させていただきます。 結果はレポートにして納品いたします。

    期間 約1週間
  2. STEP1

    データ基礎調査とAIモデル化手法の検討

    データの調査として、基礎集計、可視化を行い、データの性質を把握し、AI化に向けた基本設計を行い、レポーティングいたします。

    期間 約0.5ヶ月
    • ※データ量や難易度によって変動
  3. STEP2

    アルファ版AI学習モデル作成

    生データからAIで学習させやすいデータに変換してアルファ版AI学習モデルを作成し、精度を検証した結果をレポーティングします。精度が低い場合は、別途変数追加等チューニングをご提案します。

    期間 約1ヶ月
    • ※データ量や難易度によって変動
  4. STEP3

    AIモデルのデプロイ(システムテスト等)

    サービス提供に向けたAPI構築およびシステムテスト等を行い、正式版のAI学習モデルを利用可能な状態にします。 作成したAIモデルに関するレポーティングいたします。

    期間 約1ヶ月
    • ※データ量や難易度によって変動
  5. STEP4

    SkyAI サービス提供開始

    作成したAI学習モデルを含むSkyAIのサービス利用料として、月額費用をいただきます。 チューニング(パラメーター追加、データの追加)は別途費用をいただきます。

    • ※データ量や難易度によって変動

CONTACT

IoTサービスに関するご質問や、導入・業務提携に関するご相談につきましては、お問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

  • 電話受付時間:平日10:00-18:00/年末年始休業
  • フォームでのお問い合わせは確認後、担当者より
    折り返しご連絡をさせていただきます。