• SHOWCASE
  • 2018.02.04
  • AI学習モデル

水処理(廃水)時の基準クリア判定モデル

該当企業:プラントエンジニアリング様
利用データ:水質データ、機器の稼働データ

◾️課題

廃水処理設備には BOD/SS/NH*等の廃水処理基準がある。
その基準を満たすために、流れてくる原料によって変動する、活性汚泥量や必要酸素量などを、監視員がこまめに調整する必要があった。

*BOD(Biochemical oxygen demand):生物科学的酸素要求量
SSsuspended solids):水中に浮遊する不溶解性物質を表す指標
NH(ノルマルヘキサン抽出物質含有量):水中の油分等を表す指標

◾️解決策

原材料ごとの汚水をセンサデータおよび画像診断し、処理の判断スピードをあげるAIモデルを導入した。

◾️導入効果

  • 原材料ごと、作業が複雑化していた

  • AIで多様な原材料の廃水処理が可能に!

  • 監視員の工数が大幅に削減!

Pocket

TOPSHOWCASE水処理(廃水)時の基準クリア判定モデル

CONTACT

IoTサービスに関するご質問や、導入・業務提携に関するご相談につきましては、お問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

  • 電話受付時間:平日10:00-18:00/年末年始休業
  • フォームでのお問い合わせは確認後、担当者より
    折り返しご連絡をさせていただきます。