• SHOWCASE
  • 2018.02.01
  • AI学習モデル

自動車部品製造時の不良品が発生する要因分析

該当企業:自動車部品メーカー様
利用データ:製造機器、工程、製品に関するデータ

◾️課題

自動車部品を加工する際に、一定の頻度で不良品が発生していた。
PLC、DCS、MESなどに膨大なデータが蓄積されていたが、不良品発生の要因を読み解くことができなかった。
そのため、作業員が張り付きで不良品が出ていないかを監視するしかなかった。

◾️解決策

蓄積されていたデータをSkyAIの特徴量分析モジュールを利用し解析を行った。
解析の結果、不良品発生への影響が大きな変数のランキングを算出、可視化することができた。

◾️導入効果

不良品が発生しやすい設備の箇所や状態が明らかになり、品質改善の示唆を与えることができた。

Pocket

TOPSHOWCASE自動車部品製造時の不良品が発生する要因分析

CONTACT

IoTサービスに関するご質問や、導入・業務提携に関するご相談につきましては、お問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

  • 電話受付時間:平日10:00-18:00/年末年始休業
  • フォームでのお問い合わせは確認後、担当者より
    折り返しご連絡をさせていただきます。