Info

新着情報

  • PRESS

スカイディスク、カナデンと「最適ワークス」販売パートナーとして連携

製造業のクラウド化を、AI搭載のサブスクリプションサービスで支援。生産スケジューラの拡販を強化

国内製造業のDXを支援する株式会社スカイディスク(以下、スカイディスク)は、115年の歴史を持つ“エレクトロニクスソリューションズ・カンパニー”、株式会社カナデン(以下、カナデン)と、製造計画DXサービス「最適ワークス」の販売パートナーとして連携することとなりました。
カナデンではすでに2022年2月よりパイロット版の「最適ワークス」を九州支店を中心に提供を開始していますが、今後は「最適ワークス」の本格的な展開を推進し、製造業DX実現に向け、取引先企業へのソリューション提案力を強化します。

パートナーシップ強化の背景と目的

日本の製造業のデジタル化は喫緊の課題となっています。経済産業省が2018年に公開した「DXレポート」には、過去にオンプレミスで構築されたレガシーシステムに依存するリスクが言及されています。企業特有の仕様の複雑化や担当エンジニアの退職による仕様のブラックボックス化、また、システムで使用しているアプリケーションのサポート切れといった老朽化などの課題があることから、企業がこれらのシステムに依存し続ける場合、2025年以降最大12兆円にものぼる経済損失が発生すると指摘されています。

この様に、これからの製造業ではオンプレミス、フルスクラッチの開発に極度に依存したシステム利活用戦略から、クラウド、画一的なシステムの利活用と、企業の優位性の基盤となる独自システム開発の両立に移管していくことが求められています。

加えて、製造業では近年、多品種少量の潮流により生産計画が複雑化しています。製造過程では製品ごとに異なる多くの製造条件を考慮して生産計画を立案する重要性が増しています。
しかし、スカイディスクが製造業従事者350名以上を対象に実施した「生産計画へのツール導入に関するアンケート」によると(※1)、実に80%以上が「未導入」「検討中」「過去に検討したが諦めた」と回答しており、本分野でのデジタルツール活用が進んでいない現状があります。また、ツールを既に導入した企業でも、その90%以上が「運用に課題がある」と回答しています。

スカイディスクは、AIを搭載したサブスクリプション型の生産スケジューラ「最適ワークス」の普及を通して、生産計画を起点とした製造業DXを推進しています。また、AIによりルーティンワークの効率化を図ることで、従業員にチャレンジの機会を提供したり、新たなスキルを学ぶ機会を提供するなど、人的資本経営の実現も支援しています。

カナデンは、115年の歴史を持つ、東証プライム市場上場のエレクトロニクスソリューションズ・カンパニーです。近年では、AI・IoT関連分野を成長性の高い市場として捉え、工場の自動化に向けたシステム・ソリューションビジネスを積極的に推進しています。時代を見据えた最新のソリューションを提供することでお客様の新たなビジネスを創出するべく、また、お客様のベストパートナーとして、高い技術力と誠実な人間性をベースに顧客との対話を通じて、さらなるソリューション営業の強化を図っています。

今回、DX支援を通じソリューション営業をさらに強化したいカナデンと、「最適ワークス」提供により製造業のDXを後押ししたいという当社の目線が一致し、パートナーとしての連携強化を進めることとなりました。

最適ワークスについて

最適ワークスは株式会社スカイディスクが開発・提供する、製造業向けAI×SaaS生産スケジューラ(生産計画自動立案システム)です。「いつまでに、何個、どの製品を」というオーダー情報から、AIが設備稼働・人員配置の割付け計画を瞬時に立案します。
独自開発エンジンにより、マスター設定にかかる手間を劇的に改善。製造業各社がスモールスタートできるサービスを実現しました。
製品サイト:https://saiteki.works/
2021年10月 有償パイロット版 提供開始 ※順次
2022年4月 正式版 提供開始

株式会社カナデン 会社概要

本社所在地:東京都中央区晴海1-8-12トリトンスクエアZ棟
代表者:取締役社長 本橋 伸幸
創立:1907年5月15日
事業内容:FAシステム、ビル設備、インフラ、情通・デバイスなどの販売
会社サイト:https://www.kanaden.co.jp/

株式会社スカイディスク 会社概要

2013年の創業以来、製造業を中心に150社を超えるお客様と約400件のプロジェクトに取り組んできました。そこで得た知見・ノウハウをサービス・プロダクトとして世の中に還元することが私たちの使命だと考えています。
「ものづくりを、もっとクリエイティブに」をミッションに、デジタルを活用し効率化を推進することで、人が人にしかできない創造的な仕事に打ち込む世界の実現に向けて、AIを活用したDX支援にチャレンジしています。

本社所在地:福岡県福岡市中央区舞鶴2-3-6 赤坂プライムビル4F
代表者:内村 安里(代表取締役社長 兼 CEO)
設立:2013年10月1日
事業内容:AIを活用したDX支援
会社サイト:https://skydisc.jp/

※1 生産計画へのツール導入に関するアンケート…製造業従事者 352名を対象に実施(期間:2021年10月〜2022年6月)。生産スケジューラの導入状況について、導入前(未導入・未検討:35.2%、導入検討中:27.6%)が6割超。導入の前後で課題にぶつかった企業(未導入・過去に検討したことがあるが諦めた:18.5%、導入済・運用に課題がある:17.3%)が約4割を占めました。「導入済・運用もうまくいっている」と回答したのは僅か1.4%に留まりました。

【Copyright/商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

【本件に関する報道機関からのお問合せ先】
株式会社スカイディスク 福間
TEL: 0120-29-1331
E-mail: contactus@skydisc.jp
【SKYDISC】プレスリリース_20230112