Info

新着情報

  • EVENT

【9月14日】生産計画業務へのツール導入は90%失敗する!?成果を出すには「スモールスタートDX」!〜サクッと動かせるAI生産スケジューラ 最適ワークス〜無料ウェビナー開催

dx

生産計画業務へのツール導入は90%失敗する!?

生産計画業務へのツール導入では、たとえばこんな困難に直面します

  • 多大なカスタマイズにより、導入コストが高額化/導入期間が長期化
  • 複雑な製造工程でしかROIが見込めないため、制約条件の整理も難しく手間が大変!
  • 数ヶ月かけて可視化された生産計画に、現場から「使えない」の声多数
  • 調整するための追加工数に、追加費用も発生!?
  • 高額で導入するも一部しか使いこなせず、満足に活用されない…

成功の鍵は…「スモールスタートDX」!

「生産スケジューラ導入が90%失敗する理由とは」をテーマにした前回セミナーでは、直面するハードルとその要因をお伝えしました。「失敗理由に共感した」「モヤモヤしていた問題が明確になった」など、数多くの反響をいただいています。
【では、どうやって運用にたどり着き、成果を出すのか?】を、続編となる本セミナーでご説明いたします。また、スカイディスクの最適ワークスは、どうやってハードルを越えるのか、事例を踏まえて紹介させていただきます。

こんな方におすすめです

  • 生産計画立案について業務効率化・属人化解消したい
  • 過去に生産スケジューラ導入を検討したが挫折した
  • 生産スケジューラ導入の事例を知りたい
  • 成果につながる製造業DXの進め方を知りたい

なぜ計画業務の効率化・属人化解消が重要なのか

製造業において、生産計画はQCD改善・生産性向上に不可欠です。しかし、多くの現場では今でもエクセルや紙面での手作業で計画立案が行われています。
生産計画全体の見通しが立ちづらいと販売機会を逃したり、不適切な原材料手配や余剰在庫につながったり。また、計画業務の属人化によって、生産活動が適切か評価できない、工場全体の業務の効率化が図れない、といった長期的な経営リスクも生じます。加えて、多品種少量化が進む中、複雑化した生産計画立案への対応はさらに難しくなることが予想されます。

最適ワークスは、手軽に導入できるAI生産スケジューラです。独自開発エンジンにより、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。これまで生産スケジューラの導入を諦めていた企業様にも必見のセミナー内容ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

開催概要

生産計画業務へのツール導入は90%失敗する!?
成果を出すには「スモールスタートDX」!
〜サクッと動かせるAI生産スケジューラ 最適ワークス〜
■ 日程 : 2022年9月14日(水)
■ 時間 : 11:00〜12:00
■ 定員 : 100名
■ 参加費 : 無料(事前登録制)
■ 場所 :Zoom配信
■ 主催 :スカイディスク

※ 続編となりますが、今回初めて参加されても大丈夫な内容です。
※ 同業他社およびその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。
※ お申込が多い場合は早期に受付終了、あるいは抽選をさせていただく場合がございます。