• INFO
  • 2019.10.31
  • BLOG

製造工程の意味とは。製造工程の見える化と管理方法

製造工程とは、製品を生産するまでの流れや手順のことです。この記事では、製造工程を見える化することや管理する方法を解説していきます。

製造工程とは

工場では、あらゆる機器や人を管理しながら製品を生産します。製造工程とはその製品を作り出すための過程のことです。例えば、材料の投入→加工→検査→梱包などの流れは全て製造工程といえるでしょう。

また、製造工程には人・機械・材料などあらゆるものが関わります。そのうえで、最終的に製品の完成に至るまで「何がどのように動き、扱われるか」などの手順を満たすことが重要です。

製造工程の流れと管理方法

ここでは、具体的な工程の流れと管理方法について詳しく見ていきましょう。

製造工程の流れ

すべての製品は、製造工程を無視して生産することはできません。そのうえで、製造工程の概要を詳しくみていきましょう。

製造工程は、人員・機械・業務内容を考慮したうえで組み立てられるものです。例えば、投入→加工で終わるものもあれば、加工→再加工などの手順を踏むものも。そのため、各工程の情報を見える化したいといった場合は、工程内の作業内容の情報を細分化し分析することが必要です。

製造工程のフローチャート化

製造工程は商品生産の流れを把握して設計するものです。そして、商品の生産過程をフローチャート化することでより適切な製造工程を策定できます。フローチャート化していない業務では、人員などに対して高いコストが掛かるだけでなく、過在庫や品質低下などの問題を抱える可能性が高いでしょう。

製造工程を細分化し、フローチャート化した場合、現在の生産状況などを劇的に変化させることも可能です。AIを要する場合などもフローチャート化された業務に対して、「どの部分をAIが行うことができるのか」という視点が必要となります。

製造工程の管理

フローチャート化された製造工程であっても管理は必要です。管理の目的は、作業工程のあらゆるデータをチェックし、現状のコストや時間・材料のロスを改善させることなどがあげられます。

例えば、

  • 時間の掛かる作業内容の見直し
  • 材料の無駄遣いを減少させる
  • 無駄な人員を削り、必要な場所に配置する

などは、製造工程を管理する場合に必要な作業だといえるでしょう。

製造工程の管理は、検討→実施→結果を踏まえて改善を繰り返すことによって、より効果的な内容となっていきます。

また、的確な製造工程の管理を実行できた場合には、

  • 人員や作業内容のコスト削減
  • 品質管理が楽になる
  • 作り過ぎを抑えられる

などのメリットを得ることが可能です。

製造工程チェックシート

製造工程を効率的に管理するためには、日々チェックする項目を策定することが効果的です。ここでは、管理に便利なツールとなる製造工程チェックシートについてみていきましょう。

製造工程チェックシートを作成する目的

製造工程チェックシートは、その内容に従うことによって、誰でも人・機械・材料などのチェックを可能とする目的があります。

人の目視による記録だけでなく、機械などの不具合がないかどうかなどもチェックシートによって管理可能です。特に、製品の生産に関わる機器は、人の命や製品の仕上がりにも影響を与えることもあります。

チェックシートを活用することによって、問題点をはっきりさせ、改善していくことが可能となります。また、データを蓄積することによって、AIを導入する場合も何処をどのように改善していきたいのかわかりやすいといえるでしょう。

製造工程チェックシートの種類

ここでは、製造工程チェックシートの種類についてみていきましょう。チェックシートの種類は大きく分けて2つあります。

記録用

記録用のチェックシートは、データを記録するための表です。例えば、製品の傷や機械の故障、通常運転ができるかどうかなど、各工場によって項目は大きく異なります。そのうえで、チェックシートを使用することによって、誰でも問題点を発見することが可能です。

記録用のチェックシートは何処に問題点があるのか、発見するためのものです。特に製品不良の判断など、相対的な評価が可能である点はメリットだといえるでしょう。

点検用

点検用のチェックシートは、日々の業務に関わるものを点検するための表です。例えば、設備の点検や安全対策、作業前点検などに用いられます。

点検用のチェックシートは、誰が使用しても判断可能な表であることが重要です。日々チェックを行うことによって些細な変化に気付くことも可能となるでしょう。細かく項目を設定する必要があるものの、日常的な点検を工程ごとに行うことによってトラブルを未然に防ぐこともできます。

しかし、日常的に使用するものであることから、形骸化しやすい点もあります。そのような場合は、定期的に管理者が点検用のチェックシートが正常に使用されているのか、確認しましょう。

また、どちらのチェックシートであっても、表示された数値や見たままの状態を記録することが重要です。正確な値がわからなくなるだけでなく、場合によっては工場全体の生産に関わることも少なくありません。

製造工程チェックシートのまとめ方

製造工程チェックシートのまとめ方は、各チェックシートによって異なります。それぞれのチェックシートの内容を踏まえて有効に使用していくことが重要です。

記録用のチェックシート

記録した値に対して、どの項目を使用するのか決定する所からスタートします。
表や図を駆使したうえで何がどのように問題なのかまとめていきます。この時の書き方は、誰の目で見てもわかるものでなければ、意味がなくなってしまうことに注意が必要です。
例えば、製品に対する見た目などは分類項目、取り上げたデータは要因などという風に分けます。

点検用のチェックシート

最初に点検した項目を表や図に書いたうえで、普段通りの順序に並べます。次に人や機械、工程などで分けたうえで問題点を明らかにしていきましょう。何による点検なのかを意識し、順番通りに点検している中でどの段階で課題が発生するのかが判断しやすくなります。

両方を複合したチェックシートも場合によっては使用するケースもあるため、製造工程に沿ったチェックシートを使用していきましょう。

プロフィールイメージ

千歳悠ライター

2015年からライターとして活動。現在では金融・IT・ビジネスを得意とするライターとなる。客観的に物事を見たうえで、難解で分かりにくいものをわかりやすく伝えることを心掛けている。

Pocket

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意