用語集GLOSSARY

SVDD
SVDDとはSupport Vector Data Descriptionの略で、1クラス分類を目的とした教師なし機械学習法のことです。

クラス分類とは機械学習における目的別の分類のひとつで、SVDDは教師なし機械学習法のため、そのデータが1クラスしかない状態を指します。

SVDDでは与えられたデータを包含するような超球を学習します。その後、カーネル関数と組み合わせることで、各データがその超球内に含まれるかどうかでデータの正常性を判断します。非線形性のデータ郡にも対応することができるため、学習時のサンプルデータが少なくても作成することができるのがポイントです。

SVDDにより、あらかじめの学習において正常と判定されていない雑音や、異常などを検知、適切に除去することが可能になります。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意