用語集GLOSSARY

RPCA
RPCAとは、Robust PCA(Principal Component Analysis)の略です。PCAとは主成分分析のことで、データの特徴量を掴むための分析方法のひとつです。多変量データの多くは、そのデータよりも小さい次元で表現することができ、反対にデータから低次元のデータの構造を取り出す方法がPCAです。

しかし、実世界で観測されるデータには外れ値が多く、この影響を受けて、PCAでは本来よりも低ランクな行列を求めてしまうという難点があります。これは、外れ値が分析基準である平均値に大きく影響を与えるために起きるエラーです。

そこで、平均値ではなく中央値を使用することで、外れ値の影響を受けにくく分析することをロバストである、と言います。標準偏差は平均値をもとに計算されているので使用せずに、代わりに中央絶対偏差を使用します。このように、ロバストな標準化を行ったPCAのことをRPCAと呼びます。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意