用語集GLOSSARY

K近傍法
KNN(K Nearest Neighbor)と呼ばれているクラス判別用の手法の一つです。
学習するデータの特徴量をベクトル空間上にプロットし、種別毎に配置しておきます。未知のデータをその空間にプロットした際にそこから近い順に任意のK個を取り上げ、多数決でどのデータ種別に属するクラスを推定する方法です。

クラス判別の流れは以下となります。
1 学習データをそれぞれ種別ごとにプロットします(今回は3種類)
2 Kの数を決めます(今回は4)
3 未知のデータ「星形」をプロットし、そこから近い点からK(今回は4)個取得します
4 そのK個のデータがどの種別か多数決で属するクラスを判別します

fig

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意