用語集GLOSSARY

コネクテッド・インダストリーズ(Connected Industries)
コネクテッド・インダストリーズ(Connected Industries)とは、2017年3月に経済産業省から発表された、日本の産業が目指すコンセプトの名称です。
経済産業省はコネクテッド・インダストリーズについて、「様々なつながりにより新たな付加価値が創出される産業社会」という基本的な考え方を提示しています。

モノとモノがつながるIoTや、人・企業同士が新たに結びつくことで生まれるさらなるビジネスチャンス、現場で蓄積されてきた膨大なデータを生かすAIなどの新しい技術を後押しし、新たな付加価値が生まれていくことを支えていくことを目的としています。

力を入れていく分野として「自動走行・モビリティサービス」「ものづくり・ロボティクス」「バイオ・素材」「プラント・インフラ保安」「スマートライフ」が挙げています。特にモノづくりに関しては、現場で蓄積された膨大なデータをノウハウとして還元するAIの活用や、生産ライン全体をより効率化するセンサー・ロボットの導入など、広範囲での施策が期待されています。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意

必須スカイディスクを何でお知りになりましたか?