用語集GLOSSARY

3D CAD
CADとは「Computer Aided Design(コンピューター支援設計)」の略称で、コンピューターを用いて設計を行うこと、またはその支援ツールのことを指します。CADには、紙と同じ方式で設計図を作成できる2D CADと三次元モデルを作成できる3D CADがあります。

3D CADでは、コンピューター上の三次元空間に立体的なモデルを作成することができます。
2D CADとは全く違うシステムであるため、2D CADから3D CADへの移行にはコストや技術者の熟練が必要になりますが、それでも3D CADを使用するメリットは現代において非常に高いと言えます。

3D CADを使用する最大のメリットは、視覚的なわかりやすさです。二次元に描かれた正面図、平面図、側面図を組み合わせる設計図は専門家以外には外見が想像しづらく、デザインレビューには向きません。また3つの図を組み合わせる性質上、どうしても設計ミスが発生しやすくなってしまいます。そこで3D CADを用いることで、専門家でなくても見やすくまた設計ミスの起こりにくい設計図が作成可能です。
さらに、三次元モデルには体積や材質の情報を付加できます。これにより、部品同士の干渉や耐久性不足が原因の「手戻り」と呼ばれるやり直し作業が少なくなり、作業のスピードアップ、効率化が可能になります。

近年、3D CADで設計したモデルを3Dプリンターなどで作成し、試作品作成のための時間やコストを削減するRP(Rapid Prototyping)や、コンピューター上でモデルの耐久性などのさまざまの模擬実験を行えるCAE(Computer Aided Engineering)、モデルを実際の製品の写真ように加工してパッケージや広告に用いるレンダリングといった技術も発展しており、3D CADはさらに有用となると言われています。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意

必須スカイディスクを何でお知りになりましたか?