用語集GLOSSARY

FEMS
FEMS(フェムス)とはFactory Energy Management Systemの略で、日本語では工場エネルギー管理システムのことです。工場全体のエネルギー消費を削減するため、受配電設備のエネルギー管理や、生産設備のエネルギー使用・稼働状況などを見える化し、使用エネルギーの使用量を制御します。

具体的には、現状の省エネ機器設備の導入や受配電設備でのエネルギー管理のみで行っている省エネ対策に代わり、生産設備や機器ごとに消費エネルギー量を測定・分析ができるようにそれぞれにセンサや測定器を導入します。
それぞれの消費エネルギー量について時間単位でデータを集計できるようになり、より詳細なデータのチェックや原因の推察などを行うことで、エネルギーの使用量を最適化することが可能になります。

またFEMSのメリットの1つとして、分散コージェネシステムの効果を最大化できることがあげられます。コージェネシステムとは、再生可能エネルギーや天然ガスエネルギーによって電力を生産・供給するシステムのことです。廃熱を熱源や給湯などに利用することで、無駄を減らし、高い効率性を実現します。

さらにFEMSは発電・蓄電・省エネなどの各装置と連携ができるため、太陽光発電を併用することにより、大幅な電気代の削減や非常用電源の確保、企業価値の向上などを可能とします。工場設備の規模が大きいほど、このFEMSによる恩恵は大きくなります。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意