用語集GLOSSARY

故障予知
故障予知とは製造業において、データ活用の効果の結果として期待される設備や製品の故障を予想し、事前に防ぐための概念のことです。製造設備にセンサを取付け、データを取得、収集し、分析することによって異常を探し、故障する前にメンテナンスなどの対処を行います。

故障予知により、計画的に人員増加などの保守対応ができます。加えて、保守対応の実績が蓄積されるため、部品の故障頻度分析につなげることが可能です。

しかし、故障データが少ないことなど、データ収集の段階から困難を極め、また、有効なアルゴリズムの開発や実装の難易度も高いため、取得した情報をうまく使うことが出来ない場合も多く、故障予知の市場は当初期待されていたほどの成果をあげることが出来ていません。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意