用語集GLOSSARY

嗜好型官能評価
嗜好型官能評価とは、官能検査の種類のひとつで、評価者(以下、パネル)の好みなどの調査を行う評価方法です。

主に商品開発のための消費者調査などの場面で使用されます。この評価法では、対象全体の傾向をパネルから掴もうとするため、パネルの属性(年齢、性別、所属、生活環境など)に注意を払う必要があります。

また、パネルの人数が多いほどより高精度なデータを獲得できるため、調査日数や費用などを考慮しつつ、なるべく多い人数のパネルによって調査を行う必要があります。社内調査などの対象の範囲の小さいものであれば25〜50人程度で、商品に対して一般消費者を全体と捉える場合では1000人以上のパネルによって実施されます。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意