用語集GLOSSARY

分析型官能評価
分析型官能評価とは、官能検査の種類のひとつで、訓練された評価者(以下、パネル)により、差の判別や特性を評価する評価方法です。

主に出荷検査、工程管理、処理効果の検出、品評会などの場面で使用されます。この評価法の特徴は上記の通り、人の感覚器官を計測器、分析機のように扱って製品検査を行うことです。

パネルもその嗜好に関わらず、推計学や計量心理学などの専門知識をもとに、なるべく客観的な判断をするように努める必要があります。

そのため、この評価法におけるパネルは事前にテストや専門的な教育や訓練を受ける必要があります。また、1〜10人程度の少人数で行うことが可能です。パネルに評価能力があるかを確かめる方法に、二点識別法や三点識別法があります。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意