用語集GLOSSARY

二点識別法
二点識別法は、分析型官能評価を行う際に用いられる評価法のひとつです。

客観的に差のある二種類の試料を評価者(以下、パネル)に提示し、「カタいほう」「柔軟であるほう」など、指定する特性について判断させます。

これにより試料間に差があるかどうかや、パネルが試料間の差異について判断する能力があるかどうかを判断する場合に使用されます。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意