用語集GLOSSARY

一対比較試験法
一対比較試験法とは、複数の試料を比較する際に用いられる検査方法です。

同時に三つ以上の試料を比較するのではなく、二つのものを一対一で比較することを繰り返します。それぞれの試料間で順位付けを行うことで、試料間全体の評価を行います。

回答者の負担が少なく、評価の矛盾が起きにくく、類似度の高い試料郡でもより精密に分析できるという特長があります。

段階や提示数、順序への考慮などの違いによっていくつかの手法があります。また、評価者(以下、パネル)の判断の一貫性を確かめることや、パネル個々の嗜好がないかどうか、その傾向を調査することにも使用されます。

一対比較試験法については分析型官能評価、嗜好型分析評価どちらでも使用されます。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意