用語集GLOSSARY

ディープラーニング
深層学習とも呼ばれる、機械学習の「教師あり学習」を得意とする手法です。

人間の脳にある神経回路網(パーセプトロン)をモデルとし、神経回路と同様に単純な演算を繋げ合わせた手法として、1950年代、「ニューラルネットワーク」が生まれ、AIの研究が盛んになりました。しかしその後しばらくは大きな成果は出ず、しばらくの間研究は下火になっていました。

2012年、ハードウェアの処理能力向上に伴い、ジェフリー・ヒルトン率いるトロント大学のチームはニューラルネットワークの構造を更に多層構造にしたディープラーニングを開発しました。
ディープラーニングは、画像認識のコンテストにて従来の最低エラー率26%を圧倒的に更新し、エラー率17%という驚異的な数値を叩き出しました。それ以降、世界中の研究者が研究する機械学習の手法として広まっています。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意