用語集GLOSSARY

スマートファクトリー
スマートファクトリーとは、FA機器が整った工場のことです。FA機器はFactory Automation機器の略で、工場の自動制御のためにコンピュータにつながった機器です。あらゆるFA機器の稼働状況をネットワークを介して把握・蓄積し、効率的に稼働させることで、部分最適ではなく、工場全体として最大の利益を産み出すことが可能になります。

スマートファクトリーは、ドイツが国家プロジェクトとして掲げる「インダストリー4.0(第4次産業革命)」を体現する工場として構想され、世界中で展開されています。

インダストリー4.0では、製造業界全体の徹底した効率化と高品質化の実現が掲げられました。また、顧客ニーズにあわせたカスタム製品を、大量生産と同等以上の生産効率で実現することをコンセプトとする「マスカスタマイゼーション」を理想の形としています。

しかし、変動する環境への対応と効率性との板挟みに、現場の労働者は悲鳴をあげています。この問題を解決しうる施策がスマートファクトリーの導入です。

スマートファクトリーを導入するメリットとして、大きく3点が挙げられます。

1つ目は工場の"見える化"です。工場内の各工程における機器やセンサ、測定器などをつなげることにより、稼働状況の把握、エネルギー消費量の可視化、情報の蓄積などを行うことが可能です。

2つ目はエネルギーの最適化です。生産やエネルギーの消費などを把握することにより、より効率的な稼働を実現することが可能になります。工場の規模が大きくなるほどその恩恵は大きくなります。

そして3つ目は人材活用と育成です。従業員ごとの作業熟練度や知識などを集約することで、多様な人材の活用が可能になります。そして、その人材データベースをもとに技術やノウハウを体系化し、より技術を継承しやすくなります。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意