用語集GLOSSARY

インダストリー4.0
インダストリー4.0とは、ドイツ政府が推進している国家プロジェクトで、次世代のハイテク技術を用いて製造業のさらなる高度化を目指す取り組みの名称です。日本語では、第4次産業革命と言います。

IoT、ビッグデータ、AI、産業用ロボットなど、先進的な技術を最大限に活用した「スマートファクトリー(考える工場)」をコンセプトにしています。

インダストリー4.0が実現すると、工場では

・受注が生産能力を超える場合に、他の工場へ委託生産させる
・常に稼働監視をすることで、わずかな変化から異常や故障を予測する

といったことが自動的に行えるようになります。

作業を行うロボットが共通のネットワークにつながっているため、製造する製品やデザイン、製造量などをリアルタイムに変更することができ、同じ工場で様々なモノを生産することが可能となります。これを、ダイナミックセル生産方式と言います。

たとえば、従来の自動車工場では、数台だけ普段使っているものとは違うメーカーのハンドルを装着することは、現実的ではありません。数台のために、作業ロボットの厳密に決められた設定を変更する必要が生じるためです。

しかし、インダストリー4.0におけるスマートファクトリーでは、製造の直前であったとしてもすぐに設定が変更できるため、数台だけ違うメーカーのハンドルを装着するといった個別対応が可能になります。

インダストリー4.0では将来、スマートファクトリー同士がつながり、製造業全体があたかもひとつの大きなスマートファクトリーであるかのように機能するだろうと予測されています。

索引から探す

索引をクリックして用語一覧からお選びください。

改善事例などの資料を
簡単にダウンロードできます

下記フォームのご入力をお願いします。

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須ダウンロードする資料

必須

必須

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須

任意