• INFO
  • 2020.02.04
  • EXHIBITION

【レポート】AIでワークフロー改革と生産性向上を!IoT/M2M展に出展しました

Sorry, this entry is only available in Japanese.

【レポート】AIでワークフロー改革と生産性向上を! IoT/M2M展に出展しました

こんにちは。製造業向けのAI開発や導入をしているスカイディスクです。

2020年1月29日(水)~31日(金)の3日間、インテックス大阪にて開催されたJapan IT Week関西内「IoT/M2M展」に出展しました。これは9つの専門展から構成される関西最大のIT展示会です。

IoT/M2M展では、遠隔監視、生産管理、エッジコンピューティングなど、最新のIoTソリューションが会場に揃いました。スカイディスクは、いつも通り製造現場でのAI活用をご提案。スカイディスクのブースの展示内容をご案内します。

iotm2m-02

iotm2m-09

製造現場でのAI活用をご提案

スカイディスクでは、お客様の課題にあわせてオーダーメイドでのAI開発を行っています。一口に「AI」といっても、場面によって求められる機能や取得するデータは多種多様。ブースでは製造現場のさまざまな用途でのAI活用について、スカイディスクの事例とあわせて紹介しました。

iotm2m-04

iotm2m-11

生産性向上、AIが生産計画を最適化

ゴム製品工場の生産計画にAIを活用した事例をご紹介。加工工程のひとつ「加硫」をする加硫機には、「A製品には1号機を使う」「2号機を稼働するには4名の張り付きが必要」など、1台ごとの特性や型によって多くの制約条件があります。加えて、製品の出荷数や納期、人員配置を考慮しながら、月次の生産計画を立てるのに5〜6名のベテラン社員が3日間をかけていました。

AI導入後には、AIが制約条件を満たす生産計画をレコメンドします。機械の空き時間を減らし、人員の稼働を最適化することで生産効率をアップ! 生産計画の策定という「熟練の作業」をAI化するには、暗黙知の棚卸しを避けては通れません。現場でのヒアリングをもとに、制約条件の見落としがないかを確認しながらAI化を進めることが大切です。

ダイカスト(鋳造)条件から不良品を検知

金属部品の製造に用いられるダイカストは、溶かした金属を精密な金型に充填し、瞬時に高い圧力をかけて鋳造する金属加工法です。生産・製造過程にてショットごとの変位、圧力、速度などを射出波形から捉え、即座に鋳造条件を分析して、不良品発生を予測するAIを紹介しました。

AIが射出波形から鋳造条件をスコアリング。波形のどの箇所に着目するかに熟練者の知見が活かされます。異常発生時のフィードバックが早まることで、さらなる欠陥品製造を防ぐことも期待されます。

キャンペーン中!音判定する業務をAI化

人の五感を利用して製品の品質を判定する官能検査のなかでも、音から正常・異常を判断する「熟練者の聴覚」をAI化する事例を紹介しました。品質評価の定量化と技術継承が目的です。

また、音×AIの活用として音分析「SkyAI for Sound」をご紹介。これは音データから1万件以上の特徴量を抽出し、熟練者が正常・異常を聞き分ける特徴量に絞り込んでAIを作成する技術です。

音を聞いて判定するAI作成の簡易PoC(実証実験)は、現在キャンペーン実施中です。残り枠はあとわずかなので、検討中の方はぜひお早めに。詳細はこちら

社内にAI人材を育てる(製造業向け)

iotm2m-05

iotm2m-03

製造業向け!AI人材育成サービス

自社に最適なAIを導入するための「AI人材」の育成サービスを新たに紹介しました。

スカイディスクは創業から150以上の製造業におけるAI導入プロジェクトに携わってきました。AI人材の不足が叫ばれる昨今、製造現場においても「データ分析がわからない」「AIを操れる人材がいない」というAI人材不足が、AI導入に踏み切れない要因となっています。

スカイディスクが目指すのは、あくまで現場へのAI実装です。教育サービスでは、取得データを題材にするなど、お客様の現場状況に応じてプログラムをカスタマイズ。AI案件と並走することで、より実践的に実務に紐づいたデータ分析を学べます。こんな人におすすめです。

  • ビジネス課題を捉え、AIによる解決策を立案する人
  • AI技術を理解し、AIベンダーとやりとりをする人
  • ビジネス課題とAI技術の双方を理解し、プロジェクトを推進する人

さらに詳しく知りたい方へ

たくさんのお客様にスカイディスクのブースに足をお運びいただき、ありがとうございました!
「AIって何?」という熱狂が収まり、冷静にIoT機器の導入を終えた次のステップとして、収集したデータの活用方法を検討されている方がブースには多く見受けられました。

製造業向けにAIサービスを提供するスカイディスクは「匠の技を、AIに。」というコンセプトで、AI人材教育という新たな提案から、不良品予測、官能検査の置き換え、生産計画の最適化までさまざまなAI活用をご紹介いたしました。
また、データ活用やAI化というお客様の新たな取り組みに対して、将来を見据えた価値を共につくり上げていきましょう、というメッセージを発信いたしました。価値ある技術継承、将来のビジネス展開のために、戦略的なAI活用に踏み出してみませんか。

会場ではお時間の足りなかった方に向けて、AIワークショップと個別デモ会を予定しております。こちらもぜひご検討ください。

【2月26日 大阪】製造業向け AI導入ハードルを飛び越えるワークショップ
https://skydisc.jp/information/2128/

【2月26日 大阪】AI個別相談会
https://skydisc.jp/information/2191/"

またワークショップやセミナーなど、次回開催イベントの情報はメルマガより発信しております。メルマガ登録は下記フォームよりお申込みください。

メルマガ登録はこちら

送信内容確認

以下の内容で送信いたします。
お間違えなければ、送信するボタンを押してください。
修正する場合は、入力画面に戻るボタンを押してください。


必須

必須

必須

任意

必須

必須

必須※未収集の場合はその旨を記載ください

必須スカイディスクを何でお知りになりましたか?

Pocket

TOP

CONTACT

Please feel free to send us inquiries
about our IoT & AI data analysis services.

  • Our staff will contact you after confirming your inquiry.